まずは拠点を決めましょう

北海道を旅するなら行きたい都市を決めよう。

北海道には自然、食、歴史など様々な魅力があります。そんな北海道を一度にすべて満喫したいところですが、北海道の広さを考えるとなかなか難しいのが現状です。そこでおすすめなのが、行ってみたい都市を決める方法です。札幌、旭川、小樽、函館などマップや情報誌、はたまた漢字の見た目など気になる都市を1つ選びます。1つ選んだらできる範囲でその都市を調べてみてください。観光ガイドで広く浅く見ていくことも良いですが、ネット環境を活用して地元に人気のお店を探してみたり、歴史ある飲食店を探したりと、興味のある事柄と行きたい都市をリンクさせることでイメージ通りの都市かどうかを調べることができます。もしかすると、新たな都市の魅力を発見できるかもしれません。

都市に目星がついたらその周辺も散策してみましょう。

北海道は道南、道央、道北、道東と地域に分けた見方ができます。気に入って選んだ都市がいったいどんな地域に含まれているのかを次に調べてみてはどうでしょうか。北海道は地域によって特産品や人柄、食文化が違います。言葉も方言ばかりで言葉が聞き取れない地域もあれば標準語の場所もあります。南側の海岸地域と北側の海岸地域では採れる魚も違いますし、内陸に行くとそれぞれの土地の気候に合った農作物があります。都市から少し外れた町を訪れることでその土地本来の環境や文化に触れる楽しみが広がります。そして地域、都市が決まると旅の行動範囲がカタチになってきます。その中で「美味しいもの探し」や「歴史文化探求」などテーマを決めて観光することでより深みのある旅行を楽しんでいただけるのではないでしょうか。

2000年代に入って次々に誕生したLLCにて道央地域の空港まで全国各地からローコストで行くことができます。そのため、小樽旅行をするのに多額の予算を用意する必要はありません。